診日:日曜. 祝日. 木曜日


   TEL:072-775-5777 FAX:072-775-5778

メタボリックシンドローム

 

高血圧症,高脂血症,高尿酸血症、糖尿病などの生活習慣病はメタボリックシンドロームと難しく呼ばれるようになりましたが実は単に我々の悪い日常生活習慣によるものです。

 

古くから  食は医なり “という言葉があるように日ごろの食生活が予防医学的観点から重要であることは深く認識されている。

 

Prevention is better than treatment because

“You are what you eat “


予防は治療より良い

なせなら、あなたのからだはあなたの食べたものによるから

 

主に食べる習慣がメインに関係してると考えられています。

中山クリニックでは以前より生活習慣病の食事指導に

糖質制限食を薦めています。カロリーを覚える必要がなく、

主に食べ方と食べ物に再認識を強調しています。

中山式食事療法

 

1.    6大栄養素の再認識 毎日すべての栄養素を 

     たんぱく質   動物性より植物性?

 

     炭水化物   隠れている糖質

 

     脂質     いつも誤解されている

            “犯人”

         植物性繊維

      

     水     飲み過ぎ太る? とんでも!

 

     ビタミン  白雪姫の小人のようにかれ

        とミネラル

           らは全員集合して初めて

 

           仕事する

           

           ミネラルはビタミンと一緒に               補給

     

      

2. 食品の選び方

 

     たんぱく質 植物性たんぱく質と動物性

 

           たんぱく質を合わせて食べる             と体内のたんぱく質の利用

           率が上がります。           


    主食    炭水化物=穀類

 

          炭水化物単体での摂取は避

 

          け、量も控えめに、

             野菜やたんぱく質と一緒に

 

             とりましょ

             2対1の法則

 

  

       果物    あまり糖の高くないものが


             お勧め


       調味料   調味料には血糖に影響する


             糖が入って


             いることが多いので注意

 

             してください


       水分    糖分が入っている飲料は


             避けましょう。

 

       ビタミン  複合ビタミンを


   3.お食事の摂り方のこつ


       1. 食間は長くしない

 

       2. 食べる順番を認識する

 

          植物繊維、たんぱく質、炭水化物

          の順

       3. よく噛む


   4.お食事以外のポイント


       1.運動 毎日 20-30

 

       2.睡眠と起床は規則正しく

       3.ストレスは避ける

 

       4.嗜好品  アルコール、カフェイン、

 

             タバコは避ける

  

             

  5.減塩食のはなし

 

    医者から塩分一日6gmに減らしてくださいと

    言われてもわからない患者さんが多

    何故かというと自分は辛党かどうかは

    知らない人が多い

    測定する方法がない

    しかし、ひとつの観察によると

 

 1.  ラメンを食べる時、そのスープを飲む

   人はかなりの辛口

 

 

    2. 寿司にお醤油をつける回数で1日塩分の

      摂取量がわかる。

 

      1回なら。。。。。6gm/日以下

      2回以上。。。。。6−10gm/日

      3回以上。。。。。10gm/日以上